パーマやカラーなど、ヘアスタイルのアレンジ方法は無限にあります。
しかし、オシャレと引き換えに髪のダメージが気になるというのも本音でしょう。しっかりとしたケアをしなければ髪のツヤがなくなったり、パサついたりするので注意が必要です。

髪のケアにおすすめの情報をご紹介します。

髪がダメージを受けるとどうなるか?

髪がダメージを受けると髪の毛が細くなりセットが上手く決まらなくなったり、キューティクルが傷ついてツヤがなくなったりします。太かった髪の毛が細くなるのは、根本に汚れが溜まっているため生えてくる髪の毛が細くなるのと、外からトニックなどを与えても十分な栄養が届いていない可能性があります。という事は髪の毛が細くなるだけでなく、抜け落ちてしまう場合もあるのです。

髪は一度ダメージを受けると自己再生する事はありません。
しかし、パーマやカラーで傷んだ髪をそのままにしているとさらに傷みが進行してしまいます。
傷みを深刻化させないためにもサロンでのケアと合わせて、きちんとした自分の髪に必要なホームケアを行う事が大切です。

シャンプーの成分にこだわろう

パーマやカラーの施術をした直後は、まだ髪に薬剤や色が定着していません。弱酸性の髪がアルカリ性に傾き、とってもデリケートな状態です。そのため、市販の刺激(洗浄力)の強いシャンプーを使用すると髪に負担がかかり、ダメージの原因になります。そうさせないためにも、直後は頭皮や髪に刺激の少ない弱酸性のシャンプーを使用しましょう。

シャンプーの選び方
ベタイン系 アミノ酸系 石鹸系 石油系
洗浄力 弱いが補修効果がある 弱い 高い 高い。その分カラーの褪色が早い
刺激 ベビーシャンプーにも使用されるほど低刺激 低刺激 強くないが皮脂を取りすぎる 強い
適応性 髪や頭皮を優しく洗う
カラー・パーマで傷んだ髪にも適している
軟毛や細毛でハリ・コシ・ボリュームが欲しい方
デリケート肌
肌が強い方・しっかり洗いたい方 薄毛・ダメージ・肌が弱い方は不向き
肌が強い方
表記 コカミドプロビルベタイン
ラウロイルプロビルスベタイン
ココアンホ酢酸
ココイル
ラウリミノジ
グリシン
メチルアラニン
石ケン素地
脂肪酸カリウム
ラウリル硫酸Na
ラウレス硫酸Na

なかでも、低刺激のアミノ酸系やベタイン系シャンプーがおすすめです。
アミノ酸とは、たんぱく質を作っている小さな成分で人間の細胞一つ一つ、筋肉、髪の毛の材料となっています。一番肌に近いアミノ酸系やベタイン系シャンプーで洗う事で、ダメージでスカスカになった髪に栄養を与えて、キュッと引き締まった正常な髪の状態へと近づけてくれます。

ブリキでは、植物エキスにもこだわったアミノ酸系、ベタイン系シャンプーも販売しています。その他にも、頭皮のフケ・かゆみを抑えてくれるシャンプーなどヘアケアグッズを扱っています。ダメージを受けた髪の毛を美容室でケアする事も大切ですが、ご自宅でのデイリーケアがより大切です。自分に合ったシャンプーを選んで、潤いのあるキレイな髪を目指しましょう。

自分で成分が分からない時は、美容室にシャンプー剤の相談を!!

髪の毛のケアでお困りの方は、三軒茶屋にある美容室ブリキをご利用下さい。
カットのみのご予約も承っており、髪の状態を確認しながら施術をご提案いたします。
また、トリートメントヘッドスパなどのメニューもご用意しています。ヘッドスパは、美容室にご来店して頂いた時の気分でアロマオイルを選んでもらい、心身ともにリフレッシュできるような至福のひと時をご提供いたします。