カットしたヘアスタイルを自宅で再現する事ができずにお困りの方もいらっしゃるでしょう。
特に短くカットした場合は、広がりやうねりのせいでヘアスタイルが決まらず困ってしまう事もあります。

こちらでは、とても簡単で自宅でも再現できるブローをご紹介しておりますので、ぜひお試し下さい。

正しい髪の毛の乾かし方

濡れたままの髪の毛はキューティクルが開いた状態なので、ダメージを受けやすくなっています。そのため、正しいブロー方法で乾かし、ダメージを最小限に抑えるようにしましょう。
シャンプーの後は、髪の毛の水分をタオルでやさしく拭き取ります。濡れている髪の毛はダメージを受けやすい状態になっているため、やさしく扱う事が重要です。それから、余分なドライヤーの熱をあてる必要がないようにしっかり水分を拭き取っておきましょう。

その後、髪の毛のもつれをほどき、洗い流さないトリートメントを根元ははずし、気になる毛先や表面を中心につけます。このトリートメントに含まれる油分が、髪の毛に栄養を与えたりドライヤーの熱から守ってくれたりする働きを持っているので忘れずにつける事が大切です。

トリートメントをつけた後は、ドライヤーで髪の毛の根元から少しおこすように乾かします。5割程乾いたら、ドライヤーを上からあておさめながら乾かします。8割程乾いたら仕上げに冷風で乾かします。冷風をあてる事でキューティクルが引き締まり、ツヤがあるきれいな髪の毛に仕上がります。

広がりやうねりを抑える方法

雨の日や湿気が多い日には、髪の毛の広がりやうねりで悩んでしまう事もあるでしょう。ブローをしたりストレートアイロンを使用したりと、時間をかけてセットしたとしても時間が経つと再び広がりやうねりが表れる事があります。広がりやうねりの原因は、ダメージを受けた髪の毛の水分バランスが乱れている事がほとんどです。

このような悩みは、ブローテクニックを身につけると解消する事ができます。まずは、セットをする前に髪の毛を濡らし洗い流さないトリートメントをつけます。次に、根元からクセを伸ばすようにブローしていきます。最後に、上から下に向けて冷風をあてると、セットしたスタイルをキープする事が可能です。ドライヤーの温風と冷風を使い分けるテクニックは、前髪のクセ付けにも活用できます。

三軒茶屋駅近くにあるブリキでは、カットやカラー、パーマなどの様々なメニューをご用意しております。女性はもちろん、子供学生メンズなど、どなたでもお気軽にご利用下さい。ダメージが気になる方やクセ毛が気になる方など、ヘアスタイルに関するお悩みを抱えている方からのご相談もお待ちしております。