美容室から帰るまでは理想のヘアスタイルだったのに、いざ自宅で同じようにスタイリングしても、なかなか上手くいかない事はありませんか?ちょっとしたコツで簡単に再現できるスタイリング方法がありますので、ぜひ参考にして下さい。

スタイリングの前は髪を濡らす

髪が濡れている状態は形を変化させやすいので、好みのスタイルに形成した後乾かす事で、そのスタイルを固定しキープします。そのため、髪を根元からよく濡らしてスタイリングしていく事が大切です。とくにボリュームや髪の毛の流れを作りたい時は、根元をここでしっかり濡らしておかないと、せっかくセットしたスタイルも崩れてしまいます。また、乾いた髪は形がつきにくく無理にスタイリングすると、髪がダメージを受けてしまう原因になるので、乾燥する前にセットしましょう。霧吹きなどあると便利ですよ!強風ではなく弱風でスタイリングしながら乾かすのもポイントです。

ふんわり感を出す方法

前髪と横髪にふんわり感を出す事は楽にできますが、トップにふんわり感を出すには少しコツがいります。

イメージ図

イメージ図

  • まず、髪全体を濡らし、ピンやゴムなどでトップの部分をブロッキングします。
  • 前髪と横髪の根本に、20cm離した位置からドライヤーの温風を当ててしっかり立ち上げます。形ができたら固定するためにドライヤーの冷風を当てましょう。
  • ブロッキングしておいたトップの毛に、ドライヤーの温風を前から後ろへ当てます。この時、地肌に対して垂直に引っ張る事をイメージしながら、手ぐしを入れるのがポイントです。そうすると、前髪との間に空気が入り立ち上がりができるのでふんわりさせる事ができますよ!

パーマをキープさせる方法

パーマをキープさせる方法は、お風呂上りの髪の乾かし方がポイントです。

  • まず髪の根本をしっかりタオルドライして、髪全体をやさしく押さえるように水分をとります。
  • タオルドライ後は、洗い流さないトリートメントを根本以外のパーマ部分にムラなくつけます。
  • 髪をハーフアップして上下にブロッキングしてから、はじめに根元を少し乾かします。毛先は濡れている状態にしておきます。
  • ポイントはパーマがかかっている髪のネープ(襟足)の髪を片手で持ち上げ包み込むように軽く握って、ウェーブ・カールをつくりながらドライヤーの風を当てます。この時、包み込んだ手の中に風を入れるよう乾かすのがコツです。パーマがかかっている髪が乾いて、より根元のボリュームを出したい場合は、毛束を持ち上げながら根本を乾かしていきます。
  • ドライヤーで乾かした後は、全体のバランスを見て必要に応じてセットしていきましょう。ウェーブ・カールを強調させたい時は、霧吹きなどで形成が弱い髪を濡らして軽く握る事で、ウェーブ・カールが際立ちます。
    また、ボリュームを出したい時は、ドライヤーを下から上に向けて当てて髪の中に風を送るように乾かせば、ふんわり感を出す事ができます。
  • 最後にスタイリング剤をつければ、パーマをキープさせるセットの完成です。

美容室でカットカラーヘッドスパ・パーマなどをご希望でしたら、三軒茶屋にあるブリキをご利用下さい。ブリキでは、自宅でも楽に再現できるスタイリングでカット・パーマをご提供いたします。
三軒茶屋駅から徒歩10分の場所にありますので、三軒茶屋周辺で美容室をお探しであれば、ブリキをお選び下さい。